白髪の原因

白髪の三大原因の一つである「メラニン不足」とは?髪の毛が黒いのはメラニンの働きのおかげ

投稿日:2017年9月4日 更新日:

白髪の三大原因の一つに「メラニン不足」があります。

メラニン不足とは、正確にいうと「メラニンの分泌量が不足している状態」のことを言います。

人間の髪の毛は、黒髪であっても白髪であっても生まれたての産毛には色が付ていません。

つまり、全ての人の生まれたての髪の毛は白髪と言うことです。

そして、髪の毛の成長と共にメラニンによって色付けが行われ黒髪へと成長していくのです。

メラニンは髪の毛に色を付けるための絵の具のようなもので、日本人なら黒髪、欧米人なら茶髪や金髪と言う感じになります。

メラニンは髪の毛に色を付けるための重要な役割を持った細胞なのですが、このメラニンの分泌量が不足してしまうと髪の毛に十分な色を付けることができなくなってしまうのです。

ではなぜメラニンの分泌が低下してしまうのでしょうか?

そこで今回は白髪の三大原因の一つであるメラニン不足について、メラニンが生成される仕組みとメラニン不足を解消する方法について解説していきたいと思います。




メラニン(メラニン色素)とは?

メラニン(メラニン色素)とは、女性なら一度は効いたことがあると思いますが「シミの原因」でもある女性にとって危険視したい細胞になります。

メラニンは「シミの元」と言うイメージが強いため肌にとって悪いものと思われていますが、実は肌を紫外線や外部からの刺激によるダメージから守る大切な働きを担っているのです。

このメラニンが不足してしまうことで今回問題となっている白髪が増えてしまうことになるのです・・・

メラニンは2種類ある!

メラニンは人間だけではなく、その他の動物や植物、または一部の菌類などに形成される色素のことで、「黒色メラニン(ユーメラニン)」「肌色メラニン(フェオメラニン)」の2種類あります。

ユーメラニン 黒色色素
フェオメラニン 黄色色素

「白人・黒人・黄色人種」で髪の毛の色や肌の色が異なりますが、これは黒色メラニンのユーメラニンと肌色メラニンのフェオメラニンの量が異なるためです。

黒色メラニン量が多ければ多いほど髪の毛や肌の色が黒くより濃くなります。

日本人の場合は、ユーメラニンの配合割合が多いため髪の毛の色が黒くなります。

また、日本人の肌が黄色っぽく見えるのはフェオメラニンの配合割合が多いためです。

そして、加齢によって黒髪が白髪に変化してしまう原因は、メラニンを生成する「メラノサイト」を生み出す幹細胞の衰えにより、毛根部分でメラニンが生成されなくなってしまうからになります。

つまり、メラニンを生成しているのはメラノサイトなので、メラノサイトの働きが停滞しはじめると白髪が増えはじめると言うことです。

メラニンの働きについて

メラニンはメラノサイトによって生成されます。

メラノサイトが紫外線などの外部刺激を受けるとその刺激から肌を守るためにメラニンを生成します。

また、髪の毛に関して言いますと、髪の毛の黒色を作るために存在しています。

髪の毛を作り出す際に毛根部分にあるメラノサイトがメラニン色素を作り出し、細胞分裂をして髪の毛が成長する際に髪の毛の内部に侵入し黒色になっていきます。

肌にメラノサイトは表皮の基底層に存在しますが、毛髪のメラノサイトは細胞分裂によって髪の毛を形成している毛母細胞の横にあります。

メラニンは白い美肌にとっては敵となりますが、髪の毛にとってはメラニン色素が無いと白髪になってしまうのでとても大切なものになります。

メラニンの働きは髪の毛の色付けになりますので、白髪対策をする上でメラニン不足を予防するための対策が必要となります。

メラニンを作っているのはチロシナーゼ!

メラニンは肌の色や髪の毛の色を黒くする細胞ですが、もともと人間の肌に存在するものではありません。

食べ物などに含まれる「チロシン」と言う物質が体内に入り血液中に流れます。

そして、「チロシナーゼ(銅イオンを含む分子)」によってメラニンの黒色化が進みます。

つまり、メラニンはメラノサイトで作られますが、もともとは黒色ではないのと言うことです。

メラノサイトで生成されたメラニンにチロシナーゼが作用することによってメラニン色素が黒色になります。

白髪の原因はメラニン不足ではありますが、メラニンが色を付けることができない状況になることも考えられるのです。

白髪の原因はチロシンとメラノサイトが大きく関係している!

白髪の三大原因の一つがメラニン不足になりますが、メラニンが髪の毛に色を付けることができない状態になることもあります。

  • チロシンの補給不足
  • メラノサイトの働きの低下(メラニンを作らない)

上記2点が白髪の原因に大きく関わっているのです。

メラニンを黒色化するチロシンが不足すると、メラノサイトがメラニンを生成しても黒色にならないので髪の毛に色が付きません。

また、メラノサイトの働きが低下することでメラニンが作られなくなるので髪の毛に色が付かなくなってしまいます。

そもそもチロシナーゼはもともと人間の体内に存在している分子なので増やす必要はありませんが、メラニンを黒色化するチロシンが不足すると白髪の原因になってしまうのです。

そして、メラノサイトを活性化することで白髪が発生しにくくなり白髪が減っていくのです。

これは余談ですが、チロシナーゼの働きを抑制することで美白効果を得ると言う化粧品なども美容の研究で開発されています。

つまり、チロシナーゼは人間の皮膚や髪の毛の色を黒くするのに非常に重要な働きをしていると言うことです。

肌にとっては不要な存在かも知れませんが、髪の毛にとっては必須の分子なのです。

白髪対策はチロシンを増やすこととメラノサイトを活性化すること!

白髪の原因がメラニン不足であると考えられる場合は「チロシンを増やす」ことと「メラノサイトの活性化」で改善されます。

チロシンを増やすには、チロシンを多く含む食べ物を意識して摂取する必要があります。

またメラノサイトの活性化のためには、3つの栄養素が重要になります。

チロシンを多く含む食べ物でチロシンを増やす

チロシンを多く含む食べ物は以下になります。

食材 100gあたりの含有量
かつおぶし 2600mg
こむぎたんぱく 2500mg
こうやどうふ 2200mg
チェダーチーズ 1400mg
プロセスチーズ 1300mg
きな粉 1300mg
だいず 1300mg
あまのり 1200mg
すじこ 1200mg
たらこ 1100mg
ピーナッツ 1100mg
クロマグロ 860mg
キハダマグロ 820mg
こむぎはいが 820mg
さらしあん 810mg
ちりめんじゃこ 810mg
あぶらあげ 800mg
かつお 800mg
シチメンチョウ 790mg
ごま 770mg

チロシンを含む食べ物は他にもたくさんありますが、上記20選が豊富にチロシンを含んでいますので、バランスよく摂取するようにしましょう。

白髪対策のためにチロシンを積極的に摂取するのは良いことですが、だからと言いてそればかりを取り入れると栄養が偏ってしまいますのであくまでもバランスよく補給することを心がけてください。

栄養バランスが偏ってしまうと身体のほかの部分に影響する可能性がありますので十分注意するようにしてください。

メラノサイトを活性化しメラニン不足を解消!

メラノサイトを活性化することでメラニン不足を解消し白髪を増やさないようにすることができます。

もちろん上記で紹介しましたチロシン不足も同時に解消する必要はありますが、この二つの働きが改善されることでメラニン不足を解消し白髪の悩みから解放されるのです。

メラノサイトを活性化させる栄養素について

メラノサイトを活性化させてくれる栄養素は、

  • ビタミンB12
  • 葉酸

になります。

ビタミンB12と葉酸が血液を作り出しチロシンを運用してくれるのです。

血液はチロシンを運用する重要な役割があるため、ビタミン12と葉酸が不足することで白髪になりやすい状態になってしまうのです。

まとめますと、ビタミン12と葉酸が不足することで血液が不足し、チロシンの運用ができなくなるためメラニンの黒色化ができなくなり白髪になってしまうと言うことです。

それから、銅はチロシンからメラニンを作る際の速度を飛躍的に加速させる必須ミネラルになります。

つまり、銅はメラノサイトの働きを活発にする働きがあると言うことです。

ビタミンB12を多く含む食べ物

ビタミンB12を多く含む食べ物は以下になります。

食べ物 100gあたりに含まれるビタミンB12の含有量
しじみ 62.4μg
赤貝 59.2μg
すじこ 53.9μg
レバー(牛肉) 52.8μg
あさり 52.4μg
ほっき貝 47.5μg
いくら 47.3μg
はまぐりの佃煮 45.4μg
レバー(鶏肉) 44.4μg
アンコウの肝 39.1μg
イワシ(干物) 29.3μg
はまぐり 28.4μg
生牡蠣 28.1μg
レバー(豚肉) 25.2μg
焼きたらこ 23.3μg
牛肉(小腸) 20.5μg
サンマの塩焼き 19.3μg
キャビア 18.7μg
生たらこ 18.1μg
イワシ(オイル漬) 18.0μg

ビタミンB12が豊富に含まれる食べ物は以上になります。

上記一覧表をご覧いただければ分かりますが、ビタミンB12は「魚貝類」に多く含まれていると言うことが分かりますね。

他にもレバーにも豊富に含まれていて、上記表には記載がありませんが水分が40%未満の乾きものでは味付けのりや焼きのり、煮干しやかつお節などからも摂取することができます。

ビタミンB12の働きとしましては赤血球の形成に関係していて、悪性貧血を防ぐ効果があります。

ビタミンB12が不足すると「悪性貧血( 巨赤芽球性貧血)」の原因となりますが、成人男性も成人女性も1日の推奨量は「2.4μg」になりますので、かなりの偏食をしない限りはビタミンB12不足に陥ることはありません。

これは余談ですが貧血になりやすい人のほとんどは、ビタミンB12が不足しているのではなく「鉄欠乏症」と言う場合がほとんどになります。

葉酸を多く含む食べ物

葉酸を多く含む食べ物は以下になります。

食べ物 100gあたりに含まれる葉酸の含有量(μg)
鶏レバー 1,300μg
牛レバー 1,000μg
豚レバー 810μg
うなぎ(肝) 380μg
うに 360μg
えだまめ 260μg
モロヘイヤ 250μg
芽キャベツ 220μg
パセリ 220μg
からし菜漬け 210μg
ほうれん草(生) 210μg
あさつき 210μg
なの花 190μg
よもぎ 190μg
しゅんぎく(生) 190μg
アスパラガス 180μg
酒粕 170μg
すじこ 160μg
日本茶(玉露) 150μg
クレソン 150μg

葉酸を多く含む食べ物は以上になります。

他にもたくさん葉酸を含む食べ物はありますが、上位20選は異常になります。

有名な食材で言うと納豆やブロッコリー、にんにくの芽やサニーレタスにも葉酸が含まれています。

つまり、葉酸は「レバー・ウナギ・緑黄色野菜」などに多く含まれていると言うことです。

葉酸の働きは、赤血球や細胞の新生に必要不可欠になります。

特に女性の場合は、胎児の正常な発育に必要不可欠で、妊娠や授乳中は特に必要な栄養素になります。

成人女性、成人男性の1日に必要な葉酸の推奨量は「240μg」になります。

食事などからも摂取可能な葉酸ですが、最近は葉酸を手軽に摂れるサプリなども人気になります。

銅を多く含む食べ物

多く含む食べ物は以下になります。

食べ物 100gあたりに含まれる銅の含有量(mg)
レバー(牛肉) 5.3mg
しゃこ 3.46mg
ほたるいか 3.42mg
桜えび 2.05mg
いかの塩辛 1.91mg
うなぎ(肝) 1.08mg
アンコウの肝 1.00mg
レバー(鶏肉) 0.99mg
生牡蠣 0.89mg
いくら 0.76mg
すじこ 0.73mg
あみの塩辛 0.70mg
ゆば(生) 0.70mg
豆みそ 0.66mg
伊勢海老 0.65mg
納豆 0.61mg
大正えび 0.61mg
ズワイガニ 0.56mg
しその実 0.52mg
中国ぐり 0.51mg

銅を多く含む食べ物は以上になります。

他にもたくさん銅を含む食べ物はありますが、上位20選は異常になります。

銅は赤血球のヘモグロビンを作るために必要な栄養素で、多くの体内酵素の正常な働きをサポートし、骨の形成も助けているのです。

銅は上記以外にもさまざまな食品に含まれていますので不足することは基本的には無いのですが、偏食などによる極端な摂取不足や吸収不足、病気や下痢などにより銅が欠乏してしまうと貧血を起こしたり骨に異常が起こったりします。

以上3つの栄養素をバランスよく摂取しメラノサイトを活性化させてあげることで、白髪が改善されます。実際にスウェーデンで行われた研究では、ビタミンB12を配合したサプリメントを摂取した結果、患者の約64%の方が白髪が改善され自分の元の髪の毛の色を取り戻したと言う研究結果も出ています。ビタミンB12と葉酸で血液を作りチロシンを運用し、銅でチロシンからメラニンを作る速度を加速させてあげることでメラノサイトが活性化されメラニン不足が解消されるので、白髪が改善する可能性は非常に高くなります。

メラニン不足を解消するための栄養素を効率よく摂取するならサプリメントがおすすめ!

上記3つの栄養素を効率よく摂取するには相当な食事量と相当な費用がかかってしまいます。

どうしても効率が悪くなりますし経済的ではありません。

そこでおすすめなのが3つの栄養素と白髪改善に効果的な栄養素を配合した白髪予防対策専用のサプリメントになります。

ブラックサプリEX

累計販売個数30万個突破!毛髪診療医が監修した白髪対策サプリ

毛髪診療医の服部達也先生監修の白髪対策サプリメント
染めるのではなく栄養不足の改善で白髪を黒髪へ
厳選した9種類の成分黒々ツヤツヤの髪の毛を取り戻してくれる
モンドセレクション2016金賞受賞で世界が認めた確かな品質
通常価格 5,540円(税別)
初回限定価格 3,980円(税別)
送料 無料
性別 男女兼用
成分 L-リジン・ビオチン・亜鉛・黒ゴマセサミ・オルニチン・ビタミンC・アルギン酸・パントテン酸・レスベラトロール
内容量 90錠/約1ヶ月分
1日あたりの料金 66円
ブラックサプリEXのおすすめポイント!
ブラックサプリEXのおすすめポイントは、毛髪診療医が監修していると言う安心感と、白髪予防対策に必須の成分をたっぷり凝縮している点になります。しかも1日あたりの料金がたった66円とお得にはじめられるのも魅力の一つになります。また、男女兼用なので男性の方でも手間なく白髪を改善することが可能となります。さらにブラックサプリEXが売れている理由は、「白髪改善効果だけではなく、髪の毛のボリュームが甦る」になります!これは年齢を重ねると誰もが到達する悩みになりますので、この白髪と髪の毛のボリューム不足の悩みを解消できるブラックサプリEXで若々しさを取り戻してみてはいかがでしょうか。

メラニンってシミの原因でもあるのに増やしても大丈夫なの?

白髪の原因は一つではありませんが、メラニン不足も大きな要因の一つになります。

しかし、白髪を改善するためにチロシンを補給してメラニンの生成を増やしてしまうと「シミになるのでは?」と思った方も少なくはないのではないでしょうか?

メラニンはシミの原因であることには間違いないのですが、紫外線に当てない限りはシミにはならないのです。

とは言っても、日常生活を送っていくうえで紫外線に全く浴びずに生活をすることは非常に難しいですよね?

ですから日焼け止めクリームなどを利用して紫外線対策をする必要があります。

チロシンは、アミノ酸の一種で消化吸収するのに「30分~1時間」ほど時間が必要になり、細胞に届いてから利用されるまでに「5~6時間」必要になります。

それから、人間の髪の毛が成長する時は成長ホルモンの分泌が活発な「睡眠中」になります。

ですから、チロシンを摂取するなら夜に摂取することでシミを気にしなくても大丈夫になるのです。

白髪を改善したいからチロシンを摂取したい、だけどチロシンを摂取するとメラニンが生成されやすくなるのでシミができやすくなる・・・

しかし、上記でも言いましたようにメラニンは紫外線を浴びないと黒くならないしシミにならないので、夜にチロシンを摂取することで白髪の悩みも解消されますし、シミができるのではと言う心配も解消されるのです。

ただし、一つだけ注意してほしい点があります。

それは、チロシンには集中力を高めたり、頭の中をスッキリさせる効果もあるので、夜にチロシンを摂取することによって睡眠への悪影響も考えられますので、過剰に摂取しないようにご注意ください。

まとめ

メラニン不足は白髪の三大原因の一つであり、チロシンが不足したりメラノサイトが正常に働かなくなるとメラニン不足に陥ってしまい白髪になってしまいます。

白髪の原因はメラニン不足だけではありませんが、メラニンの分泌量が少ないのも大きく関係していますので、上記で紹介しました栄養素を積極的に摂取することをおすすめします。

最近では上記の栄養素を摂取するための手軽なサプリメント等も数多く販売されていますので、そういったサプリなどで栄養補給するのもおすすめになります。

白髪の原因と予防対策について!

白髪の原因はさまざまで、現時点では完全には明らかとなっていません。 しかし、白髪に関する数多くの研究結果からいくつかの「白髪の原因」が徐々に解明されているのです。 とは言っても、完璧ではないので未だに ...

続きを見る







-白髪の原因
-, , , , ,

Copyright© 白髪の原因と予防対策navi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.