白髪コラム

白髪対策のための成長ホルモンの増やし方!

投稿日:2017年10月10日 更新日:

成長ホルモンの分泌量が減ってくると、人間の身体は疲労を感じやすくなってしまうって知っていましたか?

すぐに疲労を感じてしまう人や何をしてもやる気が出ないやる気の欠如などの症状が出ている人は成長ホルモンの分泌量が減っている状態と言えます。

このような症状は年齢に関係なく表れますので、30代と言った若い方にも表れます。

一方60代や70代と言った高齢の方でも成長ホルモンの分泌量が30代の方と同程度ある人も居て、そのような人は若々しい肉体を維持しほとんど疲れないと言います。

成長ホルモンは白髪にも影響しますが、身体のあらゆる個所に影響を与えますので、なるべく分泌量を減らさないようにした方が良いと言えます。

そこで今回は、成長ホルモンの増やし方について解説していきたいと思います。




目次

成長ホルモンの役割について

成長ホルモンは生まれてから死ぬまでの一生に渡って分泌されるホルモンで、思春期には主に身長を伸ばす役割があり、他にもさまざまな役割を担っている生きていくうえで必要不可欠なホルモンになります。

また、成長ホルモンの刺激を受けて分泌される「IGF-1(インスリン様成長因子)」は疲労回復や美容系分野において注目されています。

成長ホルモン(IGF-1含む)の役割と不足した場合の症状について

成長ホルモンの役割 成長ホルモン不足の場合
  • 易疲労感の解消
  • やる気の増加
  • 集中力の増加
  • 筋肉量の維持(増加)
  • 脂肪分解の促進
  • コラーゲン繊維形成
  • 糖新生の促進
  • 骨の強化
  • 免疫システムの刺激
  • 易疲労感
  • 意欲の低下
  • 集中力の低下
  • 体脂肪の増加
  • 中性脂肪の増加(メタボ)
  • お肌の老化
  • 皮膚水分量の減少
  • 皮膚痩せ
  • 骨量の減少

成長ホルモンの役割と不足した場合は上記のようになります。

上記を見ると如何に成長ホルモンが重要なのかと言うことがよく分かると思います。

成長ホルモンが密接に関係している特に重要な働きについては以下で解説したいと思います。

成長ホルモンはやる気の増加と密接な関係にある

やる気や積極性の増加と密接な関係にあるのが成長ホルモンになります。

精神的な気力の増加と肉体的な体力の増加の2側面があり、結果的にさまざまな物事に対してやる気と持続力を維持してくれるのが成長ホルモンの働きになります。

成長ホルモンを増やす方法の一つとして「断食」が有名ですが、断食や絶食は静著ホルモンの分泌を促進させます。

これは、「断食ハイ」と呼ばれる現象で、成長ホルモンの分泌によってやる気が増加し疲労感が解消されると言う症状になります。

断食の方法や行う期間などによって違いますが、人によっては「2000%以上」の成長ホルモンを分泌させることができるようになります。

コラーゲン生成(形成)の促進

成長ホルモンはコラーゲンの生成を促進促進させアンチエイジング効果が高いと言われています。

アンチエイジング効果が高いと言うことは、白髪改善にも十分期待できると言うことになりますね。

デンマーク コペンハーゲン大学で行われた研究によると、「インスリン様成長因子(IGF-1:成長ホルモンによって分泌)」は、人体においてコラーゲンの合成を強化すると言う結果が明らかとなっています。

コラーゲン含有量とコラーゲン線維の直系の増大と言う効果が見られるとされています。

巷では、成長ホルモンはアンチエイジング効果が高いと言われていますが、この2つの作用による効果が大きいと考えられます。

脂肪を分解してくれる

成長ホルモンは脂肪を減らす効果があります。

メタボ体型の人や中年太りの方のような内臓脂肪を多く蓄えている方に成長ホルモンを補充すると、脂肪が減ることがさまざまな研究で明らかとなっています。

逆に加齢が原因で成長ホルモンの分泌量が低下したり、脳の病気などで成長ホルモンの分泌が阻害されてしまっている場合は、中性脂肪がp増えやすい状態となり体脂肪率が急激に上がってしまう場合もあります。

特に30代の方や40代の方で急に太りだしたと言う方や、気が付いたらメタボ体型になっていたと言う方は成長ホルモンの分泌量が減少している可能性が非常に高いので、しっかりと成長ホルモンの分泌を促進させてあげるようにしましょう。

成長ホルモンは筋肉量の増加や維持に必要不可欠

成長ホルモンは筋肉量の増加や維持に深く関わっていると言う研究結果が出ているのと同時に、逆に筋肉量を増加させる効果は無いと言う研究結果も出ています。

1992年にアメリカの生理学ジャーナルで発表された研究結果によると、 「成長ホルモンの投与+筋力トレーニング」をしたグループと、「プラセボ+筋力トレーニング」をしたグループを12週間に渡って比較してみたところ、 成長ホルモンを投与したグループはタンパク質量の増加と全身のタンパク質バランスの増加は認められたのすが、 筋力(筋肉)自体の量に増加は見られなかったとされています。

2007年にスタンフォード大学で行われた研究では、 60歳以上の高齢者に対しての成長ホルモンの投与で「筋肉量2kg増加」したと発表しています。

成長ホルモンによる筋肉量の増加は確実ではないものの、高齢者に対しての成長ホルモン投与の実験では「やる気の増加・生活習慣の改善・精力的にトレーニングを行うようになった」などの何事に対してもやる気が増加し、その結果間接的に筋肉量が増加したと言う結果が出ています。

つまり、成長ホルモンが筋肉量の増加と直接的なかかわりがあるかは不明ですが、いずれにしても筋肉量の増加や維持には深く関わっているということが言えます。

成長ホルモンを増やすにはどうしたらいいの?

成長ホルモンを増やすことで疲れにくくなったり、やる気が満ち溢れてきたリ、もちろん白髪の改善にも効果がありますので健康、若々しさ維持のためにも成長ホルモンの分泌を促進させてあげることをおすすめします。

成長ホルモンを増やすには「自然に増やす方法」「人工的に増やす方法」の2つの方法があります。

成長ホルモンを増やす方法

成長ホルモンを増やす方法は以下になります。

成長ホルモンを自然に増やす 成長ホルモンを人工的に増やす
  • 睡眠
  • 空腹(低血糖)
  • 有酸素運動
  • 無酸素運動
  • 入浴
  • 食事
  • アルギニン・オルニチン
  • IGF-1サプリメント
  • その他サプリメント
  • 成長ホルモン注射

上記の方法で成長ホルモンの分泌量を促進させることができます。

サプリメントに頼るのもおすすめですが、自然な方法で成長ホルモンの分泌を増やせるのでその方法について解説していきたいと思います。

成長ホルモンを自然に増やす方法

質の高い睡眠で成長ホルモンの分泌を促進させる

成長ホルモンが分泌される時は「睡眠中」になります。

しかも、成長ホルモンの分泌は寝る時間や概日リズムの影響を受けることなく、睡眠中に必ず分泌されるようになっています。

巷ではゴールデンタイムと言われる「22時~翌2時」の間に成長ホルモンが分泌されると言われていますが、これには科学的根拠はありません。

つまり、時間に関係なく「質の高い睡眠」によって成長ホルモンの分泌量が増えると言うことになります。

ただし、睡眠の質が悪い場合や睡眠時間が極端に短い場合は、十分な成長ホルモンが分泌されないのでご注意ください。

ちなみにですが、睡眠の時間帯に関しましては、なるべく毎日同じ時間帯に寝ることをおすすめします。

睡眠の時間帯の変化は疲労の原因となりストレスが溜まりやすくなりますので、なるべく規則正しい時間に就寝するようにしましょう。

特に注意してほしいのは睡眠不足と質の悪い睡眠になります。

これらは成長ホルモンの分泌量を低下させ疲労感や、やる気を失わさせる原因になりますので十分注意するようしてください。

空腹(低血糖)によって成長ホルモンの分泌が促進される

空腹によって成長ホルモンが分泌され、若返ると言われています。

その理由は空腹による低血糖により成長ホルモンの分泌量が促進されるからで、成長ホルモンによるアンチエイジング効果が高いからになります。

空腹の状態になると脳が低血糖を解消しようとして、肝臓でのグルコース生産を開始し成長ホルモンを大量に分泌しようと活発になります。

つまり、空腹時は成長ホルモンが通常時よりも大量に分泌されると言うことです。

有酸素運動は成長ホルモンを増加させる

有酸素運動を行うことで成長ホルモンを増加させることができます。

ある大学の実験によると、高齢者の常に座りがちな女性は、「体内で一酸化窒素を十分に産出できない」と言う仮説をもとに週5日で1回30分のエアロバイクを使用した軽い運動を3ヶ月間行ってもらったところ、一酸化窒素の量が大幅に増加したと言う研究結果が明らかとなっています。

一酸化窒素は「血管を拡張させる働き」があることから血流を良くする効果があります。

また、成長ホルモンの分泌を促進させる働きもあるため、定期的な軽い有酸素運動を行うことで成長ホルモンを増加させ若返り効果を得ることができるのです。

運動をしたら身体が疲れると思われる方も多いと思いますが、成長ホルモンの分泌量が増加すると疲労感も少なくなりますし、何事もやる気が出てきますので、白髪改善目的だけではなく健康の為にもエアロバイクやジョギング、ウォーキングなどの軽めの有酸素運動を積極的に行うようにしましょう。

無酸素運動で成長ホルモンを増加させる

有酸素運動はよく聞きますが、無酸素運動はあまり聞きなれないと思います。

無酸素運動とは、ずばり「筋トレ」や「加圧トレーニング」のことを言います。

筋トレや加圧トレーニングを行うことで、成長ホルモン分泌の引き金となる「乳酸」と言う物質を発生させてくれます。

有酸素運動では乳酸はあまり発生しませんが、無酸素運動で筋肉に負荷を与えることで乳酸が発生しやすくなります。

なぜ筋トレなどの無酸素運動で乳酸が多く発生するのかと言いますと、体内のグリコーゲンを乳酸に分解することによって一時的なエネルギーを作り出すためになります。

巷では乳酸は疲労物質と思われがちですが、実は一時エネルギーなのです。

また、同じ無酸素運動でもより多くの乳酸を発生させる為にはより高負荷の筋力トレーニングになります。

高負荷のトレーニングを行うことで、筋肉によって血管が押し潰され乳酸が発生しやすい状態となります。

しかし、女性の場合は男性のように大きな筋肉がないので、高負荷のトレーニングを行うことは難しく、なかなか乳酸を発生させることが難しくなるのです。

そのため多くの女性は少ない負荷でも多くの負荷を与えることができる加圧トレーニングを行うのです。

加圧トレーニングは常に圧がかかった状態になりますので、いつも通りのトレーニングでも何倍もの負荷を筋肉に与えることができるので、少しのトレーニングで効率よく筋力をアップさせることができますし、乳酸を多く発生させることが可能になるのです。

乳酸が多く発生すればその分成長ホルモンの分泌も促進されますので、白髪の改善や予防対策に繋がります。

ちなみにですが、加圧トレーニングを行っているジムによっては、成長ホルモンの分泌量が300倍にもなると公言しているトレーニングジムもあります。

そのため、女性の方が無酸素運動を行うのであれば一般的なジムに通って筋トレを行うよりも、加圧トレーニングを行った方が効率よく成長ホルモンの分泌量を増やすことができると言うことになります。

入浴で成長ホルモンを増加させる

入浴で成長ホルモンを増加させることも可能になりますが、厳密にいうと入浴方法を工夫して「質の高い睡眠」をとることで成長ホルモンの分泌量が増加すると言うことになります。

入浴が直接的な関係がある訳ではありませんが、入浴一つで睡眠の質が向上しますので、今日からでも是非試していただきたいと思います。

上記でも解説しましたが、より質の高い睡眠をい取ることで成長ホルモンの分泌が促進されます。

質の高い睡眠をとるためには、「就寝2時間前」に入浴するようにしてください。

そして、ぬるめのお湯に20~30分ほどかけてゆっくりとリラックスしてください。

特に女性の場合は、冬場は寒さで手足が冷えて眠れないと言う方も多いと思いますので、質の高い良質な睡眠をとるためにもシャワーだけで済ませるのではなく、しっかりと入浴するようにしましょう。

また、朝の目覚めが悪い時やスッキリしないときは、少しだけ熱めのお湯に3~5分ほど入浴すると交感神経を刺激しスッキリしますのでおすすめになります。

このように入浴自体が直接的に成長ホルモンの分泌を促進させるわけではございませんが、良質な睡眠に繋がり間接的に成長ホルモンが増加しますので、入浴する方法に注意してみてください。

食事で成長ホルモンを増加させる

食事内容によっても成長ホルモンの分泌量は左右されます。

基本的に成長ホルモンは「タンパク質」から生産されます。

ただし、タンパク質を多く摂取したからと言って成長ホルモンの分泌量が増加する訳ではないので誤解のないようにお願いします。

あくまでも成長ホルモンを生産するのにタンパク質が必要不可欠と言うことです。

したがって、偏食気味な方や菜食主義の方は成長ホルモンの生産に必要不可欠なタンパク質が不足しがちになりやすいので注意が必要になります。

しっかりとタンパク質を摂取するためには「大豆製品・肉類・魚類・卵」などをバランスよく摂取する必要があります。

特に大豆製品である納豆には女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれていますので女性の方におすすめの食材になります。

大豆製品の場合は肉類などとは違い脂質が少ないので太りにくく高タンパク質なのでおすすめです。

注意するべきは肉類で、脂質の多い肉ばかり摂っていると肥満になってしまう場合もありますので、肉類でタンパク質を摂取する場合は脂質の少ない赤身肉をおすすめします。

また、チョコレートやココアに含まれるカカオには、一酸化窒素の生成を増加させ静著ホルモンの分泌を促進する「フラバノール」が含まれていますので、甘いものが好きな方は摂り過ぎに注意しながら取り入れていくようにしてください。

チョコレートには疲労回復効果があり「脳疲労」「精神疲労」を回復してくれる効果がありますので、少し疲れているときにおすすめです。

他にも集中力や記憶力を高めたりする効果もあります。

ただし、チョコレートも糖質が非常に高くなるため食べ過ぎには十分注意するようにしてください。

成長ホルモンを人工的に増やす方法

アルギニンやオルニチンで成長ホルモンを増加させる

成長ホルモンの分泌を促進させる栄養素に「アルギニン」「オルニチン」があります。

アルギニンの効果としましては、成長ホルモンの阻害因子である「ソマトスタチン」の放出を抑制する効果があります。

それから、成長ホルモンの合成の元となる一酸化窒素は体内においてアルギニンから合成されます。

ただしこれらの栄養素には成長ホルモンの分泌を促す学術的研究資料は存在しないと言う説もあります。

ちなみにですが、アルギニンに疲労回復効果があることは認められています。

特にエネルギー不足による「身体疲労」や認知力低下などの「脳疲労」、他にも不安やうつ症状と言った「精神疲労」にも効果があります。

アルギニンがさまざまな疲労回復効果がある理由につきましては、「加齢と共に減少してしまう一酸化窒素をアルギニンが増やすことでさまざまな疲労回復効果がある」からになります。

このようにアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させるだけではなく、身体におけるさまざまな疲労回復効果にも期待できる栄養素なのです。

他にもアルギニンのおかげで一酸化窒素が増え、血流促進効果や脳の活性化にも期待できます。

IGF-1サプリメントで成長ホルモンを増加させる

IGF-1(インスリン様成長因子)は、胃で消化されるとタンパク質に戻ってしまうため、「舌下吸収(ぜっかきゅうしゅう)」するサプリメントになります。

舌下吸収とは「口内で飴のように舐めて消化吸収」する方法になります。

そのため、IGF-1のサプリメントは舌下吸収するために舐めるタイプのものやスプレータイプのものも実際に販売されています。

しかし、これらのサプリメントは日本国内ではあまり浸透しておらず、海外製品が主流になります。

IGF-1(インスリン様成長因子)サプリメントに対する評価やその効果については賛否両論で、人によっては効果があったとする一方、全く効果が無いと言う人も実際に存在します。

安全面におきましては、アメリカ合衆国で認可を受けて販売されているので心配はありませんが、「運動・睡眠・空腹」で分泌される量と比較すると圧倒的にIGF-1サプリメントの方が低いと言われております。

成長ホルモン注射で増加させる

手っ取り早く静著ホルモンを増やしたいなら「成長ホルモン注射」がおすすめになります。

成長ホルモンのさまざまな効果が認められるようになったのは、美容業界で注射による成長ホルモン補充が行われたからになります。

成長ホルモンが人工的に合成できるようになってから成長ホルモン注射の価格は徐々に下がってはきましたが、それでも一般庶民の方には相当な出費となってしまいます。

成長ホルモン分泌不全症の場合は健康保険適用になりますが、それ以外の場合は健康保険適用外になるため疲労回復目的や健康目的、アンチエイジングが目的と言うような場合は「1月あたり数十万円」の費用が必要となります。

成長ホルモンの分泌を阻害し分泌量を減らしてしまう原因について

成長ホルモンを増やす方法は上記で解説した通りですが、以下が原因となり成長ホルモンの分泌量が減少してしまう場合もありますので十分注意するようにしてください。

加齢が原因で成長ホルモンが減少する

成長ホルモンの分泌量は加齢と共に減少してしまいます。

これは仕方がないことなのですが、この事実を把握しておけば上記で解説した成長ホルモンの増やし方を実践すれば対策することが可能になりますね。

ちなみにですが、成長ホルモンの分泌量は思春期にピークを迎え、20代から低下しはじめます。

そして、30代ではピーク時の4分の1~3分の2程度まで減少し、40代では5分の1~2分の1に、60代では10分の1~3分の1程度まで減少してしまうのです。

人間は年齢には逆らう事はできませんが、何もしないよりはしっかりと対策した方が健康でいられることは言うまでもありませんね。

ストレスが原因で成長ホルモンが減少する

ストレスが原因で成長ホルモンの分泌量が減少してしまいます。

ストレスは成長ホルモンの大敵になりますので、ストレスは極力溜めこまないようにご注意ください。

ストレスはコルチゾールの分泌を促進させますが、コルチゾールは成長ホルモン阻害因子であるソマトスタチンの分泌を促進させますので、成長ホルモンやIGF-1の分泌を阻害してしまうのです。

病気や薬が原因で成長ホルモンが減少する

薬の中には成長ホルモンの分泌を阻害してしまう可能性がある薬も数種類存在しています。

成長ホルモンは低血糖や睡眠によって分泌されますが、高血糖や睡眠不足だと逆に成長ホルモンの分泌量が減少してしまいます。

また、血糖値が高くなると体にだるさを覚えたりしますし、睡眠不足だと太りやすくなると言うことは成長ホルモンの分泌量が関係していると言えます。

病気や薬の種類によっては成長ホルモンの分泌を阻害してしまう可能性がありますので注意するようにしてください。

飲酒が原因で成長ホルモンが減少する

成長ホルモンやIGF-1は肝臓で生成されますが、肝臓が弱っている場合や飲酒が原因でアルコールの分解で肝臓が使われると、肝臓自体の機能が低下してしまい成長ホルモンの分泌が阻害されてしまうことになります。

アルコールを適度に飲む分にはそれほど影響しませんが、過度な飲酒は肝臓機能の低下の原因に繋がります。

そのため肝臓を健康的に保つためにも飲酒を控えるように注意が必要になります。

肝臓を健康に保つことは成長ホルモンの増加だけではなく、疲労全体を抑制するのに効果があります。

成長ホルモンが過剰に分泌されると副作用の危険性もある!?

成長ホルモンは白髪の改善や予防対策、疲労回復やアンチエイジング効果がありますが、分泌量が多すぎると副作用を引き起こしてしまう場合もあります。

ちなみにですが、細胞そのものが若いと言うことは、がん細胞などの成長速度も早くなると言うことになります。

成長ホルモンの過剰分泌が原因で以下のような副作用を引き起こしてしまう可能性があります。

  • 糖尿病
  • 筋肉の痙攣
  • 甲状腺機能亢進症
  • ネフローゼ症候群

上記で紹介しました成長ホルモンの増やし方を実践したところですぐに成長ホルモンが過剰に分泌されると言うことはありませんので、上記のような副作用を引き起こしてしまう可能性は非常に低くなりますが、念のため以上のような副作用を引き起こしてしまう可能性があると言うことも認識しておいてください。

まとめ

以上が成長ホルモンの増やし方になります。

成長ホルモンは白髪の改善や予防対策、疲労回復やアンチエイジング効果がありますので極力分泌量を減らさないように努力することをおすすめします。

副作用を引き起こしてしまう可能性があると言いましたが、滅多なことでは起こりませんのでご安心ください。

成長ホルモンが増加することでやる気が出たり、集中力の増加、脂肪分解の促進など嬉しいことばかりになります。

白髪改善や予防対策のためにもこれを機会に成長ホルモンの分泌量を増やしてみてはいかがでしょうか。

白髪の原因と予防対策について!

白髪の原因はさまざまで、現時点では完全には明らかとなっていません。 しかし、白髪に関する数多くの研究結果からいくつかの「白髪の原因」が徐々に解明されているのです。 とは言っても、完璧ではないので未だに ...

続きを見る

白髪の悩みをを解消するために必要な栄養素を効率よく摂取するならサプリメントがおすすめ!

白髪に効果的な栄養素を効率よく摂取するには相当な食事量と相当な費用がかかってしまいます。

それだとどうしても効率が悪くなりますし経済的ではありません。

そこでおすすめなのが白髪改善に効果的な栄養素を配合した白髪用のサプリメントになります。

ブラックサプリEX

累計販売個数30万個突破!毛髪診療医が監修した白髪対策サプリ

毛髪診療医の服部達也先生監修の白髪対策サプリメント
染めるのではなく栄養不足の改善で白髪を黒髪へ
厳選した9種類の成分黒々ツヤツヤの髪の毛を取り戻してくれる
モンドセレクション2016金賞受賞で世界が認めた確かな品質
通常価格 5,540円(税別)
初回限定価格 3,980円(税別)
送料 無料
性別 男女兼用
成分 L-リジン・ビオチン・亜鉛・黒ゴマセサミ・オルニチン・ビタミンC・アルギン酸・パントテン酸・レスベラトロール
内容量 90錠/約1ヶ月分
1日あたりの料金 66円
ブラックサプリEXのおすすめポイント!
ブラックサプリEXのおすすめポイントは、毛髪診療医が監修していると言う安心感と、白髪予防対策に必須の成分をたっぷり凝縮している点になります。しかも1日あたりの料金がたった66円とお得にはじめられるのも魅力の一つになります。また、男女兼用なので男性の方でも手間なく白髪を改善することが可能となります。さらにブラックサプリEXが売れている理由は、「白髪改善効果だけではなく、髪の毛のボリュームが甦る」になります!これは年齢を重ねると誰もが到達する悩みになりますので、この白髪と髪の毛のボリューム不足の悩みを解消できるブラックサプリEXで若々しさを取り戻してみてはいかがでしょうか。
白髪対策はサプリメントがおすすめ!黒髪に必要な栄養素を効率よく摂取!

白髪対策と言えば「白髪染め」や「白髪隠し」が一般的ですが、これらは一時的に白髪を改善するための対策方法になります。 白髪の原因はさまざまですが、ほとんどの場合「栄養不足」が関係していますので、白髪を改 ...

続きを見る

白髪染めおすすめの決定版!白髪対策に最適な男女兼用の白髪隠しもあります

白髪の改善や予防対策におすすめのアイテムと言えば「白髪染め」や「白髪隠し」が一般的になります。 白髪は生活習慣の見直しなどで改善する場合もありますが、すぐには改善しません。 そのため、白髪が改善し元の ...

続きを見る







-白髪コラム
-, , , ,

Copyright© 白髪の原因と予防対策navi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.